神奈川で大規模修繕工事を行うときにはトラブルに巻き込まれないようにする

大規模修繕工事を神奈川県の業者に依頼しました。

大規模修繕工事「神奈川」神奈川県|大規模修繕工事

マンションは定期的に大規模修繕工事が必要 / 修繕積立金は事前に説明し計画的な積み立てが必要 / 修繕工事の建設業者は様々な部分の工事を行えるスキル必要 / 大規模修繕工事を神奈川県の業者に依頼しました。

マンションの10年修繕の時期に、管理組合の理事長に選ばれて、神奈川県の業者に大規模修繕工事を依頼する事になりました。管理会社とその神奈川県の大規模修繕の担当者を交えて、どのような工事が予算内で出来るのかの説明を受けました。大規模修繕では、高額の修繕積立金を使うので、管理組合だけで決めたら後々問題になると考えてアンケートでどの工事を行うのか多数決を取りました。アンケート結果と予算で大まかに決めて、その結果に賛否をまたアンケートをとって反対者無しで決まり、施工管理組合のハンコを使って契約しました。大規模修繕は数か月掛かり、その期間中は窓を開けて換気が出来なくなるので、10月から12月を選びました。工事開始前にマンションの周りに足場が組まれて、塗装が近隣に飛び散らないようにビニールシートで囲みました。修繕工事で周辺の住宅に迷惑が掛かるので、管理組合で挨拶に行かなければならないと考えてましたが、代わりに神奈川県の業者の現場監督者が挨拶に行ってくれました。途中に季節外れの台風がきて予定よりも遅れそうになりましたが、後半に人員を増やして集中工事をやって予定期間内に工事が終了しました。工事終了後の検査もしっかりとやってくれて、アフターサービスで数か月間の保険が付いていたので安心感のあり、この神奈川県の業者に依頼して良かったです。